サイト楽市 サイト売買手数料無料!面倒な会員登録も必要なし!
サイトを手軽に売り買いできるネット上の楽市です。 ネット事業をより手軽に始めたい方を応援します。 個人・法人問わず利用可能です。サイト売るのも、サイト買うのもサイト楽市で!
HOME 売却案件 サイト登録/編集 はじめての方 よくある質問 ご利用規約 サイト売買の基礎 お問い合わせ
サイトを売る サイト販売登録場面はこちら

サイトを買う 売却案件一覧はこちら

サイト売買の流れ 案件登録と売買の手順を
ご説明しています。

ネットビジネス関連コラム ネットビジネスの最新動向コラムです。サイト売買とのコラボレーションについてもご紹介しています。


サイト楽市の特徴
手数料無料
サイトを買うのも、売るのも手数料は一切かかりません。完全無料でご利用いただけます。 従来売買が困難であった、小規模サイトの売買についても手数料がかからないため、 これからネット事業を始めようと考えている方にとって、 より小額でビジネスをはじめることができる可能性が高まります。

会員登録不要
面倒な会員登録を必要とせず、個人・法人様問わずご利用いただけます。 気に入った案件があれば交渉をはじめることができ、 すぐにビジネスをスタートさせることができます。

よくある質問
サイトの登録に必要な条件を教えてください
契約書は作った方が良いでしょうか?
実際のサイトデータの受け渡しはどのようにすればいいですか?
サイト楽市で取り扱えない案件はありますか?
同時に複数の買主の方と交渉をすすめてもかまいませんか?
サイトを登録した後はどうすればいいですか?
登録内容を変更したいのですが。

ネットビジネス関連コラム

ネットビジネスに関する最近の動向をコラム形式でお届けします。

サイト購入の活用事例
サイト売買やドメイン売買といったWebサイトに関するビジネスが日本でも少しずつ注目を集めています。アメリカでは日本よりも10年ほど早く、1995年頃からサイト売買が活発に行われていました。例えば、ハンバーガーチェーンのマクドナルドが「McDonalds.com」というドメインを取得していた学生から高額で買い取ったというエピソードもあります。企業のブランディングのためにはドメインが欠かせないというエピソードの1つですが、インターネット上に設置されているサイトや取得されたドメインは非常に大きな財産になるということです。

網の目状にSEO対策を行うテクニック
これまでSEO対策といえば相互リンクを沢山貼ること。とにかく無数にリンクが増えれば良いというものでした。しかし近年になって少しずつその流れが変化しつつあります。Googleはパンダアップデート、ペンギンアップデートと呼ばれるSEOに関するペナルティや対策を施すことによって、少しずつ目視に近い形で本当に価値のあるサイトを判定するようになりつつあります。これからの時代はSEO対策も裏技的な方法をなくしていくことが求められます。すなわち優良リンクを作り続けていくことが重要です。

モバイル市場の拡大とこれからのコンテンツビジネスへの対応
現在モバイル、特にスマートフォンが急成長を遂げています。物販やサービスなど、2004年には2,500億円の市場だったのですが2009年には9,500億円超のビジネスに成長しました。内訳としては物販が4,200億円、チケット等の販売サービスが3,800億円、トランザクション(手数料売上)が1,500億円という市場です。

動画の提供によるWebマーケティング効果
基本的にインターネットは文字情報以外に存在していませんでした。しかしYoutubeやニコニコ動画の登場により、その状況は大きく変動しました。動画によって閲覧者は多くの情報を一度に受け取ることになります。メントスとコーラで科学実験を行った事例はあまりにも有名ですが、3週間で400万人が動画を視聴。実際にメントスの売上は前年比の15%上昇したと言われています。

ローコスト、短時間で始めるインターネットビジネス
SEO対策に関する各社の競争は年々激化しています。比較的、小規模(あるいは予算0から始められる)に始められることがインターネットビジネスの長所でした。しかし、昨今のインターネット市場の状況を見ていると独創的なアイディアがない限りSEO対策によって検索上位に表示、信頼性を勝ち取るという手法が中心になっています。

インターネットビジネスに必須のセールスライティングのコツとは?
アフィリエイトを始めている人にとって「ターゲットサイト」「サテライトサイト」という言葉を聞く機会は少なくないでしょう。サテライトサイトは要するにメインとなるサイトへの導入を促すサイト。これは被リンクを増やすSEO対策としてももちろん、サテライトサイトの閲覧者がメインサイトのURLへ直接辿る可能性も秘めています。また、サテライトサイトから商品が売れる場合もあるため、その重要性は低くありません。

ランディングページによって商品を効率よく販売する
近年、ランディングページという考え方が注目されています。ランディングページの特徴はユーザーの購買シナリオが描きやすいという点にあります。つまり、そのサイトに関心を持ったユーザーが最後までサイトの記事を読み、引き込まれるようにクリックするという図式が描かれているからです。具体的には次項で紹介することになりますが、コンバージョンまでの動線が明確であることがランディングページの特徴。様々な購買までの経路を考える必要がないのです。

モバイルユーザーを見逃すな
Webマーケティングを考えるとき、企業で働く人間の視点はどうしてもパソコンでの閲覧を重視する傾向があるようです。事実、会社でWebサイトを閲覧するとき、その中心はパソコンでしょう。また、htmlサイトなりWordpressやMovable TypeといったCMSサイトなりを制作するとき、基本的にはパソコンでのチェックとなります。しかし、若年層(10〜20代)を中心に携帯電話やスマートフォンを利用してサイトを閲覧しているユーザーも非常に多いのです。

SNSを利用したWebマーケティング事例
Facebook,mixi,twitterなど、SNSを利用したWebマーケティングが近年の企業の広告活動において鍵となっています。企業によっては公式アカウントや公式ページが思わぬ方向で人気となり、そこから注目度が高まったという事例もあります。例えばNHKのtwitterなどは個性的なつぶやきで人気となったという一例です。この場合、直接的な販促活動につながるわけではありませんが、企業イメージをアップさせる上では効果はあると考えることができます。

メルマガによるコミュニケーション
Webマーケティングにおいて必要不可欠なツールにメールマガジン(メルマガ)があります。これは顧客リストの獲得につながり、新規事業の拡大にも役立ちますし、現在の商品やサービスを継続的に利用していただくためにも有効です。メルマガはインターネットビジネスだけでなくリアルビジネスとの連携にも非常に役立つことから現在多くの企業で導入されています。しかし実際に発行してみると…

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11

Copyright (C) 2011 サイト楽市 All Rights Reserved.