サイト楽市 サイト売買手数料無料!面倒な会員登録も必要なし!
サイトを手軽に売り買いできるネット上の楽市です。 ネット事業をより手軽に始めたい方を応援します。 個人・法人問わず利用可能です。サイト売るのも、サイト買うのもサイト楽市で!
HOME 売却案件 サイト登録/編集 はじめての方 よくある質問 ご利用規約 サイト売買の基礎 お問い合わせ
サイトを売る サイト販売登録場面はこちら

サイトを買う 売却案件一覧はこちら

サイト売買の流れ 案件登録と売買の手順を
ご説明しています。

ネットビジネス関連コラム ネットビジネスの最新動向コラムです。サイト売買とのコラボレーションについてもご紹介しています。


サイト楽市の特徴
手数料無料
サイトを買うのも、売るのも手数料は一切かかりません。完全無料でご利用いただけます。 従来売買が困難であった、小規模サイトの売買についても手数料がかからないため、 これからネット事業を始めようと考えている方にとって、 より小額でビジネスをはじめることができる可能性が高まります。

会員登録不要
面倒な会員登録を必要とせず、個人・法人様問わずご利用いただけます。 気に入った案件があれば交渉をはじめることができ、 すぐにビジネスをスタートさせることができます。

よくある質問
サイトの登録に必要な条件を教えてください
契約書は作った方が良いでしょうか?
実際のサイトデータの受け渡しはどのようにすればいいですか?
サイト楽市で取り扱えない案件はありますか?
同時に複数の買主の方と交渉をすすめてもかまいませんか?
サイトを登録した後はどうすればいいですか?
登録内容を変更したいのですが。

ネットビジネス関連コラム

ネットビジネスに関する最近の動向をコラム形式でお届けします。

消費者のハードルを下げるインターネットビジネスのテクニック
近年、Amazon、楽天市場など、様々なサイトから商品を購入することができます。他にもYahooオークションやモバオクなどでも中古品はもちろん、新品の商品を購入することができます。消費者にとってみれば「インターネットから購入する」というハードルはかなり低くなりました。インターネットビジネスを志す人にとって、これは大きなビジネスチャンスです。今まで販売できなかった商圏の相手に対して販売することが出来るからです。しかし、現実にはインターネットを利用した詐欺がなくなったわけではありません。また、年齢層が高くなればなるほど、購入する金額が高くなればなるほど、対面で商品を購入したいと考える人は増えてきます。

4階層の被リンクで強固なSEO対策を行う
従来、サテライトサイトやブログの価値はそこまで重要視されているものではありませんでした。例えば、文章の構成が支離滅裂なものだとしても被リンクを供給するサイトであったため、検索エンジンはそこまで最適化されている必要がなかったのです。こういったサテライトサイト/ブログの記事を作ってきたのはワードサラダと呼ばれるものです。キーワードを元に文章を自動生成するというもの。これまで収益を上げていた企業やアフィリエイターの中には、このワードサラダを使って時間短縮をしながら被リンクサイトを構築してきた人も少なくありません。

CMSサイトが好まれる理由
ホームページやWEBサイト制作というとhtmlやcss言語という言葉を利用するという、難解なイメージがあります。実際にそれなりの知識や技術を要するものですから、ある程度普及してきたとは言え、技術職であることがわかります。近年のSEO対策について見てみると、WEBサイトの更新頻度は検索結果の上位に直結していることがわかります。インターネットビジネスの世界では検索結果の上位表示が命。したがって、専門知識を必要とするhtmlサイトではITスキルを持っている担当者がいない限り、更新が疎かになってしまいがちです。

リスティング広告に関する基本テクニック
リスティング広告という手法はインターネットビジネスの世界でも一般的になりました。googleやyahoo!などの検索エンジンに広告の出稿料を支払うことで、検索結果に応じてそのページへのリンクが表示されるという仕組みです。通常の検索結果よりも上位に表示される点が特徴です。リスティング広告は、特にページ数が少ないサイトに有効です。特に即購入に結びつけたいサイトの場合は非常に効果が高いです。ページ数の少ないサイトの場合は、無理やりに被リンクを稼いでSEO対策を施すよりも、リスティング広告に出稿してしまった方が安くて成果が出やすい可能性も高いのです。ページ数が少ない(価値が無いと判断されがちな)サイトに極端に被リンクが集中しているとgoogleペナルティを受けるケースもあります。

Webマーケティングをマスターしなければならない理由
アフィリエイトサイトや物販サイトを制作するにあたり、Webマーケティングによる市場調査は欠かせません。インターネットビジネスの世界に限らず、マーケティングという手法はアメリカで生まれたものですが、日本でもその地位を増すばかりです。高度成長期の日本では「作れば売れる」という状況が続いていました。この当時、ビジネスの基本的な考え方は『セリング(selling)』であって、売るという意識が強かったのです。しかし、現在は消費者が消費を控える傾向が強くなってしまい、売るという考え方では対応できなくなってしまいました。したがって『マーケティング(marketing)』という概念が重要になったのです。つまり、市場(market)を調査することで消費者が望んでいる商品・サービスを生み出すということが欠かせないのです。

ランディングページを作るときの広告テクニック
最近、ランディングページという広告サイトが流行しています。これは企業内でもある商品・サービスの販売に特化したページのことを指しており、リスティング広告などでは特に有効な手法として高い人気を誇っています。ランディングページをダイレクト・マーケティングの観点から考えたとき、レスポンス広告に近いものがあります。いわゆる、新聞折込やDM(ダイレクト・メール)、メルマガなどに近い広告手法と言えます。したがって、ランディングページのデザインやキャッチコピーには分かりやすい広告表現が求められることになり、それなりに研究が必要なのです。

DMに学ぶ広告サイトのつくり方
インターネットビジネスを志す人の中でも、一定レベルまでは広告(コピー・デザイン)の重要性に気付いていない人が多いというのが実際のところです。つまり「デザインはしなくても売れる」「コピーがいい加減なものでも売れる」こういう認識を拭えない人も少なくありません。しかし、あなたの家に突然DM(ダイレクト・メール)が届いてきた時のことを想像してみてください。封筒を開封することなく捨ててしまうケースもあるでしょう。こういうとき、大抵の封筒はありきたりで魅力に乏しいものだと思います。もちろん、インターネットは能動的に検索している可能性も多いため、一般的なDMに比べれば興味を持っている可能性も高いのです。しかし、インターネットビジネスをやっているのはあなただけではありません。他と同じような広告ページでは「いつものものか」と思って、サイトを閲覧してもらえないリスクも高まります。

インターネットビジネスは省力化が鍵
検索エンジンに好まれるサイトは大型サイトです。1つのサイト内に100ページ200ページとあるような大型サイトは、やはり検索エンジンから見ても非常に好ましいサイトだと言えます。googleでは詳細は伏せていますが、大体5ページ以上あるサイトは検索エンジンから見て「価値があるサイト」として認識されるようです。したがって、多くの人や企業が5ページのサイトを大量生産して被リンク用のサテライトサイトとしています。例えば、検索結果の低い順位を追いかけると、こういったサテライトサイトに出会うことができます。

アフィリエイトサイトにはWebマーケティングが必須
アフィリエイトを始めるとき、キーワードの設定に苦労することがあるでしょう。また、漠然とアフィリエイトを始めようとしている方は「みんなが興味を持っているからダイエット」「誰でも勉強すれば分かるからスキンケア」という理由で安易に決定しているかもしれません。しかし「何となく作ってしまった」「テーマを絞りきれなかった」アフィリエイトサイトは見向きもされません。なぜなら「ダイエット」「スキンケア」は大企業や経歴の長いアフィリエイターでガチガチの世界。SEO対策に莫大な費用を掛けています。ニッチなキーワードでタイトル設定を行うという方法もあります。もちろん、漠然としたテーマよりはライバルも少ないです。しかし、どれだけニッチなテーマでも「内容が浅い」「商材がない」と言った点にぶつかると、今度は検索上位に表示されても収益を上げることができません。

サイト内広告のルールを見直す
アフィリエイトや物販、クリック広告の収益が上がらないと悩んでいませんか?インターネットビジネスを展開する上でサイト広告のレイアウト最適化は最大の課題です。コンテンツが優れていても、広告が邪魔だと思われたらそれだけでページを閉じるユーザーも少なくありません。したがって、サイト内の広告の位置は必ず見直しましょう。そのためには他のサイトを閲覧することも重要です。例えば、Yahooやgooなど、大手のポータルサイトを閲覧していると広告が右上にあることに気がつくでしょう。他にも売れ行きが良さそうなアフィリエイトサイトなど、右上に広告があるページも少なくありません。しかし、インターネットビジネスがかなり普及した昨今、消費者は広告を認識しています。それでもクリックするということは、それだけ広告の見せ方が上手いということです。

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11

Copyright (C) 2011 サイト楽市 All Rights Reserved.