サイト楽市 サイト売買手数料無料!面倒な会員登録も必要なし!
サイトを手軽に売り買いできるネット上の楽市です。 ネット事業をより手軽に始めたい方を応援します。 個人・法人問わず利用可能です。サイト売るのも、サイト買うのもサイト楽市で!
HOME 売却案件 サイト登録/編集 はじめての方 よくある質問 ご利用規約 サイト売買の基礎 お問い合わせ
サイトを売る サイト販売登録場面はこちら

サイトを買う 売却案件一覧はこちら

サイト売買の流れ 案件登録と売買の手順を
ご説明しています。

ネットビジネス関連コラム ネットビジネスの最新動向コラムです。サイト売買とのコラボレーションについてもご紹介しています。


サイト楽市の特徴
手数料無料
サイトを買うのも、売るのも手数料は一切かかりません。完全無料でご利用いただけます。 従来売買が困難であった、小規模サイトの売買についても手数料がかからないため、 これからネット事業を始めようと考えている方にとって、 より小額でビジネスをはじめることができる可能性が高まります。

会員登録不要
面倒な会員登録を必要とせず、個人・法人様問わずご利用いただけます。 気に入った案件があれば交渉をはじめることができ、 すぐにビジネスをスタートさせることができます。

よくある質問
サイトの登録に必要な条件を教えてください
契約書は作った方が良いでしょうか?
実際のサイトデータの受け渡しはどのようにすればいいですか?
サイト楽市で取り扱えない案件はありますか?
同時に複数の買主の方と交渉をすすめてもかまいませんか?
サイトを登録した後はどうすればいいですか?
登録内容を変更したいのですが。

ネットビジネス関連コラム

ネットビジネスに関する最近の動向をコラム形式でお届けします。

外部SEO施策と内部SEO施策の常識
アイドルグループAKB48の総選挙を事例に考えてみましょう。これも人気投票を行っていますが、やはり人気メンバーや魅力のあるメンバーには票が集まりますよね。しかし、在籍期間が少なかったりメディアへの露出が今までなかったりしたメンバーが突然選挙で上位になると「自作自演の票が集中しているのではないか」「ごり押ししているのではないか」と感じて、警戒する人やアンチが増えることも事実。
実はGoogleの検索ロボットも、この「サイトのごり押し」について非常に懐疑的な視点で見ています。開設してから間もないサイトや、コンテンツの少ないページに短期間で100も200も投票があるとしたら、検索ロボットは企業側の自作自演や組織票を疑うのです。
やはり、検索エンジンに対して自然に「サイトの有益性」をアピールするには、やはり、時間を掛けて外部リンクを獲得することが一番効果的。この方法が最もSEO効果を高めるのです。

ランディングページ制作の必要性とビジネスの外注化
ある程度、様々な種類の商材を扱っている企業になると、それだけホームページが大規模なカタログのようなサイトになります。企業側からすると、コンテンツの量が多くなるために「インターネット上に自社の商品をすべて効果的に公開できている」という感覚になります。もちろん、これはある面において真実であり、ホームページを公開した成果が出たと言えます。企業の名前を元に検索してきたユーザーや法人の担当者は、どんな商品を扱っている会社なのか知りたいのです。そのため、会社概要や商品カタログを見る感覚であなたのホームページを見ています。これは企業がサイトを制作した目的を達成しているのです。
しかし、企業サイトに何でも詰め込んでしまうと、商品の訴求力が弱くなってしまうケースもあります。例えば「ダイエットサプリメント」で検索してきたユーザーがいるとして、様々なジャンルの商材が掲載されていると、どれが自分の欲しい商品なのか分かりづらくなります。また、1商品の紹介に注力しすぎると、本来、そのユーザーが買いたいと思うような商品を見る前に、ページを去ってしまう可能性があります。
これを避けるためには、1商品の紹介に注力したページが必要。ここでは、その方法をご紹介します。

モバイルを活用したバズ・マーケティング
2012年8月、米国の調査会社comScoreの日本法人コムスコア・ジャパンが携帯電話の利用状況に関する調査結果を発表しました。その結果はおよそ2,400万人、2011年12月の1,690万人から比べて700万人以上が増加していることになります。しかも、この数字はアップルによる利用者数に関する発表の規制からか、iPhoneユーザーは含まれていません。したがって、iPhoneを含めたスマートフォン系のユーザーは、日本人の3人に1人に上るのではないかと予測を立てることが出来ます。つまり、モバイルマーケティングもiPhone/スマートフォンに対応していることが大前提。今までのモバイル市場のように「如何に低容量で、面白いコンテンツを提供するか」という制約が、無くなりつつあります。Wi-Fiを使えば、PC並みの通信速度でインターネットが楽しめるからです。モバイルマーケティングの担当者やモバイル向けアフィリエイターは、iPhone及びスマートフォンユーザーから見える市場規模、さらにはインターネット環境を考慮しておきましょう。

ビジネスパートナーとの出会いでビジネスが加速する
パートナーを見つけることは、ビジネスの拡大において必須条件。これはインターネットビジネスでも同様です。1人が使える時間は限られています。毎日8時間睡眠として残り16時間、食事やお風呂、トイレや移動時間などで4時間、残り12時間程度でどのようにビジネスに向き合うかがポイントなのです。「副業でインターネットビジネスがやりたい」という方は、仕事が定時で終わったとしても、1日に4時間しか自由な時間はありません。これでは、副業の成果が出るのはいつになるのか分かりません。そこで大切なことは、ビジネスパートナーと手を組むこと。単純に時間だけを見ても、1人4時間だった自由な時間が、2人で8時間となります。つまり、正社員が1日働いたのと同じくらいの時間になりますよね?これなら、多少は効率よくビジネスが進められそうです。また、ビジネスパートナーを見つける最大のメリットは「お互いの弱点を補完しながら、長所を拡大できること」。この点を見逃すことは出来ません。

サテライトサイトの品質を高める
外部リンクにおいて必要不可欠なサテライトサイト及びブログの存在。SEOという言葉が企業・個人問わず、インターネットビジネスをする全ての人に注目されるようになりました。現在、SEO対策をしていないサイトは無いと言われるほど、一般的なものとして普及しています。つまり、SEO対策をしていないサイトは、すでにインターネットビジネスから取り残されているのです。これからは、SEO対策をどこまで高品質に施策できるのかが課題となってきます。そのためにはリンクの供給元となる、サテライトサイト・ブログの価値をどこまで高められるのかが鍵となってきます。

コピーライティングにはリサーチが重要
インターネットビジネスの世界では、特にセールスライティングのスキルが重要視されています。特に、個人や中小企業など、ブランド力のない企業にとって、ライティングスキルだけが営業力のすべてになります。文章以外でユーザーに訴求する方法が無い以上、どれだけ質の良いセールスレターを書くことが出来るか、これが、インターネットビジネスの鍵となるのです。ここで、2012年、もっとも収益を上げたといわれるコピーライターの事例をご紹介します。彼らは情報商材コンテンツの販売に力を入れている2人組のコピーライターなのですが、年商20億円を売り上げた実力あるグループです。彼らは「コピーライティング&セールスレターのストーリー作成」と「ブレッド(商品説明)&リサーチマーケティング」に分かれています。つまり、右脳担当のライターと、左脳担当のライターというチームとなっています。

エイジングフィルタの制限を受けずに速攻で結果を出すインターネットビジネス法
「2000年から存在しているWEBサイト」と「最近出来たばかりの情報サイト」のどちらを信用するでしょうか?少しイメージしてみましょう。恐らく、大多数の人が前者を選択するだろうと考えられます。飲食店でも企業でも、あるいは個人でもそうかもしれませんが、どんなものでも歴史があることは信用される理由になります。また、人間は新しいものには抵抗があるもの。例えば、新規に作られたサイトには「虚偽の情報があるのではないか」「情報は不正確ではないだろうか」など、その信頼性に関して抵抗があるというものです。
実は、このような人間心理を参考にしているのか、Googleではエイジングフィルタと呼ばれる検索エンジンのシステムを採用しています。つまり、検索エンジンが新しく取得されたドメインを信頼しないようにしているのです。エイジングフィルタの適用期間は、およそ半年と言われています。つまり、ビジネスの方針が打ち出せた時点でドメインだけでもあらかじめ取得しておくことが大切なのです。

インターネットで営業力と集客力を高める方法
あなたには営業力がありますか?そもそもインターネットビジネスにおける営業力について考えていますか?営業力とは、インターネットの世界では文章のクオリティと考えることが出来ます。極端に感じるかもしれませんが、インターネットビジネスでは、文章の質が90%以上を左右すると言っても過言ではありません。なぜなら、基本的には言葉以外の方法でセールスが出来ないインターネットでは、読み手の購買意欲をくすぐる文章でなければモノは売れないのです。これはアフィリエイトや物販、サービスの販売など、ほとんどのジャンルに共通しています。クリック広告は、ある意味でそのサイトからの離脱が目的なので、少し異なります。しかし、商品やサービスを直接そのサイトで購入してもらいたいのであれば、文章コンテンツの営業力を高めることが重要です。

アフィリエイトを1人で行わない
年収300万円時代と言われる昨今。副業を始めようと考えている方は少なくありません。事実、統計では3人に1人は副業を検討、あるいは実際に行っているというデータもあります。しかし、週末や平日の夜を利用しても、副業の月収は平均4万円というニュースがありました。もちろん、家計を支えるという意味では大助かりでしょう。しかし、身体の疲労や費やした時間を考えると、少し物足りないのではないでしょうか?インターネットビジネスは「自宅で、手軽に、ローリスクで」始められるため、副業にも最適なのです。自分のスキルを生かして記事を書いたり、デザインをしたりという方は多数いらっしゃいます。あるいは、誰にも想像できないような、意外なビジネスをしているという方も沢山いらっしゃいます。これは、鋭い視点を持ったビジネスマン、主婦、学生などが達成している方法です。

SEO対策の効果測定と売れるキーワード選び
SEO対策は「やっていて当然」という風潮があります。検索エンジンへの最適化は、インターネットビジネスを行う上で必須条件。最低限の施策は誰でもやっておくべきなのです。例えば、WEBサイトを構築するhtml言語の文法。これは最も効果が現れやすく、また、検索エンジンから見ても、安全で優れたSEO施策です。検索ロボットが読みやすいサイトとは、すなわち「分かりやすくて価値がある」と判断されて、検索上位に引っかかりやすくなります。また、外部リンクの獲得も必須。サイトやブログ、SNS、検索エンジンへの登録など、様々な角度からSEOを行いたいサイトに対してリンクを送ることが重要です。

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11

Copyright (C) 2011 サイト楽市 All Rights Reserved.