サイト楽市 サイト売買手数料無料!面倒な会員登録も必要なし!
サイトを手軽に売り買いできるネット上の楽市です。 ネット事業をより手軽に始めたい方を応援します。 個人・法人問わず利用可能です。サイト売るのも、サイト買うのもサイト楽市で!
HOME 売却案件 サイト登録/編集 はじめての方 よくある質問 ご利用規約 サイト売買の基礎 お問い合わせ
サイトを売る サイト販売登録場面はこちら

サイトを買う 売却案件一覧はこちら

サイト売買の流れ 案件登録と売買の手順を
ご説明しています。

ネットビジネス関連コラム ネットビジネスの最新動向コラムです。サイト売買とのコラボレーションについてもご紹介しています。


サイト楽市の特徴
手数料無料
サイトを買うのも、売るのも手数料は一切かかりません。完全無料でご利用いただけます。 従来売買が困難であった、小規模サイトの売買についても手数料がかからないため、 これからネット事業を始めようと考えている方にとって、 より小額でビジネスをはじめることができる可能性が高まります。

会員登録不要
面倒な会員登録を必要とせず、個人・法人様問わずご利用いただけます。 気に入った案件があれば交渉をはじめることができ、 すぐにビジネスをスタートさせることができます。

よくある質問
サイトの登録に必要な条件を教えてください
契約書は作った方が良いでしょうか?
実際のサイトデータの受け渡しはどのようにすればいいですか?
サイト楽市で取り扱えない案件はありますか?
同時に複数の買主の方と交渉をすすめてもかまいませんか?
サイトを登録した後はどうすればいいですか?
登録内容を変更したいのですが。

ネットビジネス関連コラム

ネットビジネスに関する最近の動向をコラム形式でお届けします。

短期集中型アフィリエイトが成功の鍵を握る
副業でインターネットビジネスを始めようとしているアフィリエイターの中には、様々な分野に手を伸ばしすぎて結局どれも収益が上がらないという可能性もあります。特に、アフィリエイト初心者は報酬額やジャンルの分かりやすさに追いかけられてしまいがちです。二兎追うものは一兎も得ずということわざがありますが、インターネットビジネスの世界ではまさに短期集中がポイントになります。それは、アフィリエイター自体が販売を検討している商材に対して十分に理解を深めることができないという点もあります。また、詳しくは後述しますが、SEO対策の面を見ても一ジャンルに特化したインターネットビジネスを実践したほうが、リンク力を強化する面でも効率が良いと考えることが出来るのです。

Webマーケティングにおける商圏と商材の関係とは?
企業が利益の追求活動を続けるためには、基本的に販促活動を行うことが必要です。販促活動の方法はたくさんありますが、基本的には予算と商圏、消費者への訴求力は比例しています。予算をたくさん投入した販促活動にはTVコマーシャルや全国紙の新聞、大手出版社から刊行された雑誌などが考えられます。一流芸能人などがイメージキャラクターとなった商品。消費者はTVコマーシャルや雑誌で大々的にPRされていれば誰でも無意識に手を伸ばしてしまうでしょう。これに対して、低予算で出来る販促広告には街頭看板やポスター、チラシ、ティッシュ配りなど様々なアプローチ方法があります。TVやラジオのコマーシャルでも1つの都道府県内、新聞折込ではせいぜい数キロの範囲、店頭ポスターであればその店を通らなければ販促効果はありません。したがって、商圏を拡大するためには販促費を投入すること。ビジネスを拡大するためには広告予算が必要なのです。

ランディングページで問い合わせがくる仕組み
インターネットビジネスにおいてホームページの質が製品やコンテンツの販売力を決めます。これはアフィリエイト、情報商材と言ったタイプの事業に限らず、実際に店舗を構えて販促活動をしている経営者様にとっても大きな課題となっています。売れないホームページ制作時に陥りがちなことはデザイン会社やデザイナーに丸投げしてしまうこと。細かいカラーの組み合わせやデザインの仔細については、デザイナーのモチベーションなども考えて担当者の感性に任せるべき部分もありますが、基本的には商品の販売を検討している会社が主体となってホームページを作らなければならない部分だからです。

ランチェスター経営とWebマーケティング
最近、ランチェスター経営というタイトルの書籍が多数登場しています。そもそもランチチェスターとはどういう意味でしょうか。元々、ランチェスター経営とはフレデリック・ランチェスターが考案した軍事的法則(数式)が原点です。これは、簡潔に言ってしまえば同じ性能の武器を持っているA軍とB軍が戦争をした場合、兵力の多い方が勝つというものです。つまり、A軍が10人の兵士、B軍が5人の兵士で構成されていた場合、A軍が5人の兵士を残して勝つというもの。また、この数式が登場した1914年は第一次世界大戦の年です。この時代は多数の強力な火器が登場しており、より効率よく攻撃ができるため、兵の多い方が圧倒的に優位に立てるというものです。

ホームページは優秀な営業マンになるのか?
どんな企業や個人事業主でも営利目的に活動をしている限り、必ず必要となることは販促や営業活動。事業を飛躍的に発展させるためには、営業マンが個人や法人に新規開拓やルート営業など、何らかの方法でアプローチをする必要があります。しかし、個人の場合はもちろん、小規模な企業にとって1人の社員を雇うことは非常にリスクを伴う決定だと言えます。1人の営業マンの人件費だけでも数十万円は費用が発生しますし、同時に様々な経費が発生します。また、営業マンは本人の人件費だけでなく、会社の利益や内勤の社員に対する人件費分も売上を出さなければなりません。つまり、相手に需要があるかどうか分からず、いつ売れるか分からない営業活動によって利益が圧迫されたり、赤字になるケースもあります。

セキュリティ、サーバー対策にも注意
ITコンサルタントや企業の担当者がWebマーケティングを実践するに当たって注意しなければならないことがあります。それは情報漏洩に関する問題です。phpやMySQLなど、サーバーのセキュリティ事情に詳しくないプログラミングやデータベースが普及し、初心者でも容易にサイトの構築が出来るようになりました。したがって、サイトのデザインやWebサービス自体を構築することは出来ても、セキュリティの部分については全く対策が取られていないという問題があるのです。

アフィリエイトから拡大するインターネットビジネスモデル
アフィリエイトビジネスの弱点は、顧客を集められないところにあると言われていました。その理由は、実際にアフィリエイトを販売する業者はアフィリエイターではなく、その商品やサービスを製造しているメーカーだからです。したがって、せっかく、あなたのサイトを閲覧して商品を購入したユーザーがリピーターになることはなく、常に新規営業を行わなければならないという課題がありました。営業マンを経験したことのある方であれば想像しやすいと思いますが、新規開拓をするよりもルート営業をする方が容易に販売出来るのです。つまり、一度も商品を購入した事の無い相手に商売を繰り返すよりも、同じ顧客を相手に何度も商品を販売する方が効率は良いのです。

twitterで出来るWebマーケティング
twitterは140文字で手軽に情報発信(ツイート)が出来るツール。今どこにいるのか、今何をしているのかといった情報を閲覧者に対して伝えることが可能なのです。公的な機関や団体、芸能人や大企業の社長も利用しており、エンターテインメントやビジネスなど、様々なツールとして使われているのです。twitterを利用しているユーザーは日本国内で2012年4月現在で2,300万人以上と言われています。全世界で見ると5億人以上という統計が出ています。

SNSからのアフターフォローで顧客を掴む
少し前まではmixiやGree、最近ではtwitterやFacebookがSNSとして流行しています。一般ユーザーとしては無意識に利用している層が大多数。しかし、今述べたようなSNSを活用することでWebマーケティングを加速させる企業も少なくなく、例えば、Facebook上では企業の公式サイトを設置する企業が増えています。とりあえず設置しているという企業もあるかもしれませんが、販促効果を狙って企業サイトを設置することは非常に良い考え方です。

SNSサイトを利用したインターネットビジネスの拡大
インターネットビジネスにおいて非常に重要なポイントの1つにリピーターを獲得することが挙げられます。というのも、ユーザーにとって無価値なサイトは1度閲覧したら二度と閲覧することは無いからです。しかし、反対に価値のあるサイトというのはブックマークに登録したり、そのサイトの会員やユーザーとして進んでログインして利用するものなのです。その目的が娯楽でもビジネスでも、あなたもある程度インターネットを利用した経験があるのであれば、このようなサイトの1つや2つがあるでしょう。

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11

Copyright (C) 2011 サイト楽市 All Rights Reserved.